FUTEK NEWS

フューテックエレクトロニクスの最近の話題、活動などをお伝えしています

忍者ってナンジャ!?


今や、世界に誇るクールジャパンのひとつ「忍者」。
三重大医学部の小森照久教授(精神医学)が、FUTEK社製脳波計ブレインプロライトを使用して、忍者が手を合わせて呪文を唱える「印」をした際の脳波を調べたところ、ストレスが緩和され、落ち着いた状態になっていることが分かりました。


そして、三重大学は小森照久教授を含む、忍者研究の特別チームを編成。この夏、日本科学未来館で開催される企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」に学術研究面で、全面協力をします。

■「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」
会 期 : 2016年7月2日(土)~10月10日(月・祝)
会 場 : 日本科学未来館[東京・お台場]
詳しくは公式ホームページで
http://ninjaten.com/


■「忍者ポーズ 実はリラックス効果あります」毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160312/k00/00e/040/247000c


■「忍者ポーズに落ち着き効果 三重大教授、脳波など測定 」日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H34_U6A310C1000000/


■「忍者ポーズに落ち着き効果!? 三重大・小森教授が比較実験」産経ニュース
http://www.sankei.com/region/news/160326/rgn1603260030-n1.html


■「忍者のポーズ落ち着き効果 三重大教授、脳波を測定」産経フォト
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160311/dly1603110006-n1.html


■「五郎丸ポーズに落ち着きの効果? 三重大教授、忍者の「印」を脳波測定」夕刊フジ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160311/dms1603111203018-n1.htm


■「「忍者ポーズ」の元祖「印を結ぶ」で新発見 大学実験で分かった「ルーティンとの違い」とは」Jcastニュース
http://www.j-cast.com/2016/03/19261586.html



■導入機器
ブレインプロ[FM-828] × 4台、 パルラックスライト[PAL-L] × 4セット


小森照久 教授

小森照久 教授

三重大学大学院医学系研究科 教授 小森照久 氏

アーカイブ
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
カテゴリ
脳波計
睡眠
免疫
学会発表
認知症
高速学習
その他