沿革
1977年(昭和52年)

ポ−タブルタイプの小型ビデオデッキの販売を目的に「FT商事」を東京都港区に設立。 その後1/4インチカセットテ−プ(CVC方式)を使用したカラ−ポータブルビデオデッキの販売を手がける。

コンパクトビデオカセットレコーダーFX2V

コンパクトビデオカセットレコーダー FX2V

1981年(昭和58年)

ビデオデッキの開発のノウハウを生かし、ビデオ周辺機器の開発に着手。最初の商品として、ダビング時の画質の劣化を防ぐビデオエンハンサ−を発売 しビデオマニアから高い評価を得る。 同時に新しい分野の商品として、ストレス社会に対応した脳波バイオフィ−ドバック装置の販売を始める。

ビデオエンハンサー

ビデオエンハンサー FA-306

1982年(昭和59年)

ビデオデッキの補修用ビデオヘッドの製造、販売を始め、海外を中心に輸出を開始する。

ビデオヘッド
ビデオヘッド
ビデオヘッド
ビデオヘッド
ビデオヘッド
1985年(昭和62年)

日本で最初に英語字幕を表示するビデオキャプションアダプタ−(C.C)の販売を始める。多くの大学、高校で採用され、新しい英語学習のアイテムとして注目される。

ビデオキャプションアダプタ−

ビデオキャプションアダプタ− FA-700

1994年(平成6年)

社名を「フューテックエレクトロニクス株式会社」に変更

1995年(平成7年)

米国FocusEnhsncements社(旧Videonics社)製品の取扱いを開始。

MX-1

MX-1

AB-1

AB-1

1999年(平成11年)

光フィードバックシステム「リラクルー」発売

リラクルー

リラクルー

2001年(平成13年)

横浜市に本社、営業所を統合移転

2002年(平成14年)

再生スピードを変えても音程が変わらない話速変換レコーダー「デジヴォ」の発売を開始する。 語学学習や能力開発機器として注目される。

DiGiVo

デジヴォ

2010年(平成22年)

簡易型脳波測定器 ブレインプロシリーズ「FM-929」、「FM-828」発売開始

FM-929

FM-929

FM-828

FM-828