FAQトップに戻る
ブレインプロライト FM-838 ー 結果(51件)

A:ブレインプロは詳細に脳波を解析したい研究に適しています。
ブレインプロライトは、大まかな傾向を見たい研究や、測定現場ですぐに結果を判断したい場合に向いています。
ブレインプロは1.0~30Hzの脳波を0.5Hz単位で詳細に測定することが可能です。
ブレインプロライトはベータ波:20.0Hz、アルファ3波:12.5Hz、アルファ2波:10.0Hz アルファ1波:8.0Hz、シータ波:5.0Hz)で測定することが可能です。
ブレインプロには「アナライザー」という脳波解析ソフトが付属しており、ブレインプロライトには「パルラックスライト」というソフトが付属しています。また、それぞれ高機能のオプションソフトも準備されています。

簡易脳波計 ブレインプロ vs ブレインプロライト

A:ブレインプロシリーズに標準で付属するセンサーバンドでは、FP1、FP2、A1に電極を装着し、FP2より脳波を検出します。FP2=探査電極、FP1=アース、A1=基準電極です。

A:健常者の心理生理状態の測定を目的とするため、頭髪が無く比較的容易にセンサーを装着しやすい前額部にセンサーを装着します。前額部からの脳波検出の有用性に関しては様々な学術的報告がなされています。

A:標準のセンサーバンドを逆向きに装着することにより、FP1からの検出が可能です。

A:別売りのセンサープロを使用すると、FP2の他に、F4、C4、P4、O2、FP1、F3、C3、P3、O1から検出することが可能です。