「製品の感性評価」に脳波計を使用しています
アルファータ FM-717/パルラックスⅡ BFT-1Win/ブレインプロライト FM-828/パルラックスライト PUL-LT
坂本 和義 氏
電気通信大学 産学官連携センター 特任教授 電気通信大学 名誉教授 坂本 和義 氏
ユーザーの声一覧に戻る

電気通信大学での40年以上に及ぶ人間工学研究の蓄積により、様々な企業からの依頼を受け、製品の評価を行っています。特に簡易型脳波計フューテックエレクトロニクスのFM-717やFM-828では、意識状態評価(集中度・緊張度・リラックス度)を現場で簡単に行うことができるので大変役立っています。

具体的には、自動車メーカーやトラックメーカーなどからの依頼により、車内空間の快適性や運転の疲労に関する研究などを行っております。 また、痛み(慢性疼痛)の研究も行っており、ある製品の除痛効果の有効性に関して、生理指標の一つとしてFM-717やFM-828を活用しています。



第42回 日本慢性疼痛学会

坂本和義先生により、「第42回 日本慢性疼痛学会」において弊社簡易型脳波計を活用した除痛効果に関する研究成果が発表されました。 東海鍼灸整骨院様が開発した、除痛シートの除痛効果をFUTEK社製、脳波測定器(脳波計)を使用して、脳波の状態から検証しました。

ユーザーの声一覧に戻る