整体施術効果の測定、カウンセリングやヒーリングに活用しています
アルファータ FM-515/パルラックスⅡ BFT-1Win
西島 守彦 氏
柔道整復師/スポーツキネシオロジスト
/EFTカウンセラー/元加古川合気会代表 冠光寺流柔術師範
東京コリトリ整体院 院長 西島守彦 氏
ユーザーの声一覧に戻る

施術中

脳波測定

フューテック社製簡易脳波計を使い始めたきっかけは2008年に日本代表レベルの陸上選手のメンタルトレーニングのために導入したことです。その後、一般の患者様の治療現場でも活用するようになりました。

治療に於いては施術前後に脳波を測ることにより施術による心理状態の変化を確認することができます。また通院期間の脳波の変化を記録することにより、施術方針の判断の参考にもなります。さらに、画面が解りやすいので患者様への説明の際にもたいへん喜ばれ、患者様との信頼関係の構築にも役立っています。
このように脳波測定を取り入れることにより、身体的な治療だけではなく、メンタルケアやカウンセリングによる心のケアへと守備範囲を広げることができたことが何よりの収穫です。

また、治療家の仕事を続けていると患者様の悪いものを引き受けてしまうという話がありますが、自分自身の脳波にその兆しを感じることがあります。実は自分の心身の管理のためにも脳波計は手放せないツールになっています。


患者様の測定例(ムチ打ち)
来院時改善後

ユーザーの声一覧に戻る